So-net無料ブログ作成

Kellyとシーリハム・テリア

蟹をさばくのは難しいものです。活蟹のさばき方を簡単にご説明します。はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。そして、蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。これらは食べられません。
蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。
これで解体は終了です。
さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。



ご馳走の代表格である蟹。しかし、蟹を美味しく頂くには、調理の部分で手を抜くわけにはいきません。
蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、その際の鉄則を押さえておくのが肝要であるといえるでしょう。多くの方が気になるそのコツというのは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。

蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。おいしいかにを選びたい方、こんな方法があります。
産地の名前がついた、ブランド品のかににするというのがおすすめです。



ブランドがにの目印として、どこかにタグやシールがついているはずです。

特定地域の漁港で獲れたかにであるという保証だと考えてください。それがおいしさの証明であるからこそ、他のかにとは違うことを示すために一つのブランドを打ち立てたのです。我が家では蟹通販をよく利用するのですが、主人が特に蟹好きで、ほとんど全てを一人で食べてしまうくらいですから、よほどの「蟹通」です。
最近は子供達もパパにつられて蟹好きになってきたので、家族みんなで美味しい蟹に舌鼓を打ちたいものです。こういうニーズに合った商品が、冷凍のポーションタイプです。


ポーションタイプとは、殻を取り除いた蟹の足の詰め合わせであり、特に蟹鍋などをする場合には、そのまま鍋に入れるだけなので楽チンです。
殻が剥いてあることによって、小さい子供にも食べやすいので、気軽に蟹を楽しむことができるので、子持ちの家庭には特にお勧めです。
昔からかにに目がなく、旅行は美味しいかにがあるかを基準に決めるほどですが、先日、かに通販なるものがどんなものか試すためという口実でかにを頼んでみました。意外にも、産地で食べるのと変わらないといっても言い過ぎでないほどの味でした。

インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、かにを宅配便で全国に販売する会社はあったらしいのですが、一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して信用できる根拠もあまりなかったので、そのような方法で購入したかになんて味の方の保証もないわけですし、途方もなく無謀な試みに思えたものです。
とはいうものの、お取り寄せ全盛の昨今、産地直送のかには人気上位を保っています。

これを食べないのは損だと思いますよ。
通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。

安く大量に買うと、危険なことがあるのです。通販のセールで安い毛蟹が買えたので買った品のほとんどを彼女と二人で食べていると、ぞわぞわと妙な感じがしてきたのです。気にせず食べるのを止めなかったので寒気が止まらなくなり、がたがた震えだしました。
あのときのかには本当においしかったのですが、かには身体を冷やすことがあります。

私のような目には遭わないようにしてください。

急にかにを食べたくなって仕方ないときは、「かに 通販」でネット検索し、産地からの直接販売を利用してはいかがでしょうか。

おいしいかにを探すのはなかなか大変ですが、多くのサイトに、産地直送でなおかつ掘り出し物のお値打ち価格のかにが見つかることも決して珍しくありません。交通費を払って産地に買いに行くより、比較サイト経由などで、通販を使ってみるのが一番のおすすめです。松葉ガニのメスをセコガニといいます。メスしかいないので、松葉ガニよりサイズが小さいと思われていますが卵を抱えたかにで身も濃厚な味とされていて、セコガニの熱心な愛好者が後を絶ちません。市場に出回るのは、ごく短い期間です。


わずかに11月から1月の間と漁の期間は決まっているので幻のかにといわれる所以です。
http://www.bonanzacleaners.com/
蟹通販を使えば、お店や市場まで出向かなくても、各地の漁場から自宅まで直接蟹を届けてもらうことができます。ですが、蟹通販業者は今では増えてきましたから、慎重に業者を選ばなければなりません。
楽天市場などのECサイトで人気ランキングを見てみると、業者を選ぶのがかなり簡単になります。



業者の選択に困ったときは、ひとまずランキング上位のところの多く買われている商品から選ぶのがお勧めです。
それならよりお得に、より美味しい蟹を味わえます。

かにの産地として有名な地方と言えば北陸地方が目立ちます。

冬はかにと温泉と思えば粟津温泉をすすめる方は多く、かにを味わった後、温泉に入る楽しみを求めて全国からその評判を聞きつけた客がこの温泉を訪れます。
粟津温泉で食べられるかにはズワイガニで、加能がにというブランドです。

ふっくらして濃厚な味の身です。

かにを求めてこの地を訪れる方は、きっと納得できるでしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0