So-net無料ブログ作成

難波の久田

http://www.moshbags.com/
もし配偶者が浮気していた場合、正当な権利として、慰謝料の請求をするべきです。
ただ、当人たちだけで話し合うと、自分の立場を主張することに躍起になって、話がややこしくなりがちです。

時には裁判を起こさなければいけないケースもあるので、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、問題のスムーズな進展を目指していくとよいでしょう。ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめますね。
携帯電話は浮気相手との連絡手段として当たり前のように使われるからです。最近はメール、LINEで連絡をことも増えていますが、好意を持つ相手の声を聞きたくなる時もあるでしょう。ふとした時に電話している可能性はもちろん考えられます。



浮気の確証を手に入れるには最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。



しかし、探偵に依頼するのは費用がかさむので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。
探偵に浮気調査を頼んだとしたら、いくらくらいのお金が必要になるのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ価格はそれぞれ異なるので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。


携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。



例えば、いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。


人間はウソをつくときほど快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。ちょっと質問しただけなのに、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。
やましいと思っているほど、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。また、不自然に目を逸らそうとしたり、視線を避けるために激昂したりすることからも分かります。

こちらが落ち着いているほど効果的です。
食事をした際に店で発行する領収証には飲食時の同席者の人数が書いてある事があるので、不倫と決定づける参考資料となります。


さらに、クレジットカード使用時の支出については毎月きちんと目を通すようにします。出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、浮気相手と宿泊したと判断される事があります。
探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをあきらかにしておくことが必要不可欠です。

別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。

その希望次第で微妙に調査内容が異なってくる場合が多いからです。



不倫関係に終止符をうたせるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、それを元に慰謝料請求するのが有効です。

浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、後先のことまで考えが及んでいないケースも多いですから、代償としての慰謝料を要求することにより、不倫の罪や現実を思い知らせることができるでしょう。


一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。当たり前のことですが、調査員が1人なら安く、増えれば増えるほど高くなります。

また、尾行する際に車やバイクで移動すると、交通費や車両費として別途請求されることがありますので要確認です。
浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費には移動にかかる費用、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査中の食費が加わることも少なくありません。

時間給は、人数×時間で費用が算出されます。

浮気調査を行う期間が短ければ費用も安くすむわけです。



当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。


不貞行為を責められた挙句、家族、親族、同僚などからそっぽを向かれたり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてケースもあるでしょう。また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりする場合もあります。やっとの思いでゴタゴタを片付けても、めでたしめでたしと言えるエンディングは、求めてもムダというものでしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0